TOPぺぇじへもどる
信用取引
信用取引ってなんなの?
信用買い
信用売り
怖〜い追証
逆日歩
信用規制

信用売り


信用売りとは、証券会社から"株"を借りてする取引であり、株価が下がれば下がるほど儲かっちゃう取引方法なのです!


通常は株を買って上がったら売り、その差額を"儲け"としますが、この信用取引は株の『売り』から入ります。

『売り』から入るということは、持っていない株を借りてきて売り、そしてその後株を買い、借りた株を返すのです。そしてその差額を"儲け"とします。


例えば今後この株は下がるだろうっていう予想をたてたとします。このときに
信用売り(カラ売り)をします。

100万円の株が50万円まで下がった時に返済買い(借りた株を返すための買い)をします。100万円の時に売ったものを50万円で買って返すのですから、その差額の50万円が儲かるという仕組みです。


もちろん下がると思った株が、逆に上昇したらその上昇した分は"損"になります。


信用売りのやり方

信用売りは全ての銘柄ができるわけではありません。証券会社の提供する銘柄情報や注文画面などに『信用』と書かれている場合は信用買いができますが、信用売りは出来ません。

『貸借』と書かれていれば信用売りが可能です。貸借とは信用買い、信用売りの両方出来るという意味です。まずそれをチェックしてみましょう。

次に、『信用新規注文』を出します。できるだけ高い値段で約定出来るように、指値を決めます。

そして約定したら値動きを見て、今度はなるべく安い値段で『信用返済注文』を出します。約定できればその差額が儲けになります。



相場や銘柄に合わせて使い分ける

信用売りは下がる動きを捉えて売買することによって利益が得られます。
買いから始まる通常の取引は株が上昇する動きでしか儲けるチャンスがありません。

売りから始まる信用買いと買いから始まる現物買いを併用すれば、上昇時や下落時のどちらの局面でも儲けを狙うことができるのです。



信用売りのコスト

信用売りでかかるコストは『貸株料』『逆日歩』『管理費』それと『配当調整額』『売買手数料』です。

貸株料・・・株のレンタル料として年率1%の金利がかかり、それを日割り計算します。
逆日歩・・・信用売り向けに貸し出す株が不足してきた時に、需給バランスを直すために徴収されるコスト。信用売りをしている人が信用買いをしている人に払います。(逆日歩について詳しい事はこちら)
管理費・・・信用買いと同様
配当調整額・・・配当権利付き最終日をまたいだ場合には、配当相当の金額を信用買いしている人に支払います。

そして売買手数料がかかります。