TOPぺぇじへもどる
信用取引
信用取引ってなんなの?
信用買い
信用売り
怖〜い追証
逆日歩
信用規制

信用取引ってなんなの?


信用取引とは、お金や株を証券会社から借りて売買できる取引方法です。

証券会社からお金や株を借りて取引するのですから、担保となる現金を証券会社に預けなければいけません。

そしてこの信用取引の大きな特徴として、証券会社に預けた金額の3倍の金額まで取引が出来るっていうトコです。

例えば担保金が100万円ならば、300万円までの取引ができます!

取引出来る金額が3倍になるので、今までお金が無くて『上がる銘柄』が買えなくて儲けそこなう、ってこともなくなります。

信用取引によって儲けのチャンスは3倍になるってことです。

が、逆に失敗すると、損も3倍になります(T▽T)



信用取引用の口座を開く

信用取引を行なうためにはまず証券会社に申し込みします。申し込んだらすぐに信用取引出来るかっていうとそうではありません。

信用取引が可か否かの審査があります。

その審査に無事通れば、証券会社に担保金(証拠金)を預けるわけですが、それとは別に、現在保有している株を担保にすることもできます。

その場合、担保として計算される金額は一般的にその株の時価の80%程度です。
株価1株1万円の場合、担保としては8,000円と計算されることになります。


そして株を担保にする場合は注意が必要です。担保としての価値は時価で計算されるため、株価が大きく下げたりすると、信用枠も大きく下がってしまいます。

信用枠を目いっぱい使って取引している状態で、担保の株価が下がった場合には、『追証』といって追加の担保を要求されます。

※追証についてはこちらを参照

ですので信用枠に余裕をもたせた取引をするようにしましょう。

次は信用買いについてみてみましょう!

⇒信用買いへGo!