TOPぺぇじへもどる
株を始める
株ってな〜に?
株価の決定
証券取引所って何してるの?
証券会社って何してるの?
証券会社はじぃ〜っくり選ぼう
一般口座と特定口座
株用語

株ってな〜に?

株って言葉は聞いた事あるけれど、株って・・・ナンなの??

私が最初に株に興味を持ち始めたときに思った単純な疑問でした。


株式会社は皆さんご存知ですよね。
株とは『株式会社における株主としての地位を示す有価証券』ということ。

そして株は会社にとって重要な存在なのです。



株の必要性


株とは、会社が自社の事業に使う資金を調達するために発行するもの。株を購入すということは、その会社の出資者になります。

簡単にいうと、会社に出資した証明として株がもらえるってこと。


会社は事業を進めていくことによってお金が必要になってきます。新しい店舗を作ったりなどで大量の資金を投入しなければなりません。

会社はもちろん銀行からもお金を借りますが、利息を払っていかなければいけないし、銀行が貸し渋ったらその後の事業展開も苦しくなってきます。

ですが、市場から資金を調達する『株』であれば、利息はかからず、返済の必要性がなく企業にとってはすっごくありがたいものなのです。


世の経済発展のためには株って重要なモノなのです。



そして株を購入した人は、その購入した会社が成長すれば、『株価』という株の価値が上がり、購入した金額以上でその株を売ることが出来るのです。

また、企業に出資(その企業の株を購入した)したからといって、倒産などの企業に問題が生じても、もちろん責任は追及されません。

が、その株の価値はゼロになりますが・・・(T▽T)




上場企業の株しか買えない


株はどこの会社の株でも購入できるっってワケではありません。株式市場に上場している会社の株しか購入できないのです。

上場企業とは証券取引所に株式を上場し、投資家から資金を集めている会社のことをいいます。




株で利益を得よう


会社が成長し、株価が購入した金額以上に上がった時点で株を売ればその差額が利益となります。

株を1株購入し、その1株の金額が10,000円だったとします。
そして株価が上昇し、1株が15,000円になった時点でその株を売却すると、5000円の利益を得ることになります。


要するに買ったときよりも値上がりした分が利益になるということです。

超〜簡単な仕組みですよね。


もちろん値下がりすると損することになるわけですが、損をしにくくし、なおかつ利益を得るテクニックも他のページで公開しているので興味あったら見てみてくださいねo(^o^)o