TOPぺぇじへもどる
株主になったら
株主になるということは?
株主総会へGo!
嬉しい株主優待サービス

株主になるということは?


まず、株主になるという言葉の意味は、『株主=株式会社に出資した出資者』
ということです。

上場企業の場合、誰でも出資者(株を買う)になることが出来ます。
そして株主になると、出資額に応じて権利と責任が生じます。



株主の権利と責任

株主になると、配当、株式分割などの収益の配分を受けるの権利があります。さらに、株主総会に出席し、役員の選出、決算案の可否などの審議に参加し、議決する権利もあります。


株主はその企業に対してこのような権利があるのですが、持ち株数に応じ、その権利に若干の差が生じるのが現実です。

例えば、企業が発行している株式総数の一定比率以上の株を持っている株主には、その企業の帳簿が閲覧できる、帳簿閲覧権や、株主総会の開催を請求する権利などがあります。

また、発行済み株式総数の5%以上保有する株主はその持ち株の増減を地方財務局や証券取引所へ届け出なければいけないというルールもあります。



そして、株主になるとこれらの権利や責任以外に、株主優待制度も受けられます。株主に色々な特典を与えてくれる株主優待制度は、株主になる魅力の一つです。(^_^)



別ページで株主総会や株主優待制度について詳しく解説しているので、早速見てみましょう。


⇒株主総会へGo!

⇒嬉しい株主優待サービス