TOPぺぇじへもどる
インド株
中国株の次はインド株?
インドについて
インドの証券取引所
インド株への投資.1
インド株への投資.2
インドについて


インド株で投資をする前に、インドについてちょっと知っておきましょう。


インドは、53年前(1947年8月15日)の独立以来、独立した司法制度と機敏なメディアを持つ世界最大の民主主義国家として発展してきました。

10億人を超える国民は、様々な宗教を信仰し、多様な文化を持ち、多くの言語を話す等、まさにモザイクを形成しています。

インド憲法では、18の言語が公用語として認定されています。インドは世俗主義を掲げており、全ての宗教を平等に敬うという長年の伝統を守っています。


正式国名: インド共和国 (Republic of India)
・議会制の政治体制を採用(二院制)
・25の州および中央政府に管理された7つのユニオン領地の連邦

面積: 3,287,263 平方キロメートル(日本の約9倍)

人口:約11億人

言語: 18の主要言語及び844の方言

公用語: ヒンディー語。英語も日常的に使用。

宗教:ヒンズー教(80%)、イスラム教(14%)、ジャイナ教、仏教、シーク教、キリスト教、ゾロアスター教

首都: ニューデリー(New Delhi)

標準時間:インド標準時間(GMT+5時間半)

通貨: 1ルピー=100パイサ (1円=約0.40ルピー)

経済指標 GDP:約1.5兆 (米ドル) (購買力平価) GDP成長率: 7%


インドと日本は、伝統的に親密な友好国です。インドから伝来した仏教は、両国の貴重な絆の一つとなっています。


インドは数学の歴史上、イギリスと並ぶ2大国です。
数字の『0』の概念はインドで考え出されたとのことです。そしてビックリなのが、インドの小学生が九九を22×20まで習うとのことです( ̄□ ̄;)!!
(私には絶対ムリ( ・Д・))


また、インドはIT大国として有名です。インド人が数学に強いということが現代のテクノロジー技術の基礎となり、アメリカに並ぶ産業技術大国として世界的に有名になりました。

インドの子供達に将来の夢は?と聞いてみると『IT技術者になりたい』と大勢の子供が答えるらしいです。


そしてやっぱり『インドカレー』(〃▽〃)日本にもインドカレー屋さんがたくさんありますけど、一度インドへ行って本場のカレーを食べてみたいものです。