TOPぺぇじへもどる
株の売買
株を買ってみよう!
どの銘柄を買う?
自分で判断しよう
利食ってこそ意味がある
見切り千両、損切り万両
ナンピン
順張り、逆張り
『熱い』時間帯
仕手筋に注意

自分で判断しよう


株の売買を行なう上で、情報は不可欠なものです。しかし、情報を鵜呑みにし、情報どうりの銘柄を買ったら大損した!という話はよくあります。


私もある人から、あの銘柄はあと2週間すれば株価が1.5倍になるよ!って言われ、根拠も聞かないままその人の言う事を信じて大量にその銘柄の株を買いました。

しかしその2週間後には、買った値の半値になってしまい大損したことがありました。

そしてその時思った事は、『あの人の言う事聞かなきゃよかった!』と思ったのです。

でも後から思ったのですが、自分でよく調べないで安易にその銘柄を買ってしまった自分の甘さをがいけなかったんだと思いました。

それをその人のせいで損をしたと思ったことを後で恥じました。


情報を信じる信じないは自分の判断、株の売買は自己責任、誰のせいでも無く、全ては自分のせいだと思います。



初心者は情報を鵜呑みにしやすい

私もその時は株を始めて間もなく、株のことをまだ良く分かっていない(今もですが(^−^;)・・・)頃でした。

自分を棚に上げて言うのもおかしいですが、初心者の方は雑誌や掲示板の情報を鵜呑みにしやすいと思います。


特に気をつけなくちゃいけないのは、掲示板の情報です。情報集めに結構見てしまうものだと思いますが、掲示板に書いてある情報に頼り過ぎないようにしましょう。

掲示板には『売り煽り』『買い煽り』の書き込みがたくさん書いてあります。要するに株を買わせるため、売らせるための書き込みです。ですので注意が必要だと思います。


雑誌に関してはキチンとした評論家のコメントが多く"参考"にはなるのですが、こちらも鵜呑みにしてはいけません。

決して評論家のコメントをウソだと言っているのではありません。

ただ、投資に関する評論家の意見は様々であり、見方も色々という事を言いたいのです。

例えばある評論家は株価が2倍になる!しかし、ある評論家はこのまま下がり続けるでしょう・・・・、さらにある評論家はこのまましばらく株価に大きな変化は無いでしょう、など色々な見方があるのです。


投資評論家の専門分野、ジャンルによって、見方が大きく違うという事は当然だと思います。ですのでこの評論家の意見は正しくて、この評論家の見方は間違っている、ってことは無いと思います。


そして株価の行方は予想は出来るものの、結果は出てみない限り誰にも分かりません。

株価が上がるかもしれないし、どん底までに下がるかもしれない、『絶対』や『100%』というのは投資の世界にはないのです。


ですが何度も言うように情報はとっても大事です。そしてその情報をキチンと見極める力も大事です。

情報に振り回されないよう気をつけたいと思います(^_-)-☆