TOPぺぇじへもどる
外国為替保証金取引(FX)
外国為替保証金取引(FX)ってナニ?
外国為替について
外貨預金とFX
FXを始めるには?

外国為替保証金取引(FX)ってナニ?


『外国為替保証金取引』とは、一定の保証金を担保にして外国為替の売買を行える金融商品のことです。

外国為替保証金取引は、1998年の外為法自由化に伴って登場した商品です。
具体的には、少額の資金でより大きな外貨(ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンドなど)を売買し為替差益とともに金利を取得することが出来る取引です。


平たく言うと外国のお金を売買して利益を得るものが外国為替保証金取引なのです。


そして外国のお金の売買は私達の身近なところで行なわれています。

海外旅行へ行くときに銀行などで旅行先の国の通貨に両替してもらい、そして帰国してきた時にはまた銀行で旅行先で使用した通貨を日本円へ両替してもらいます。

実はこの銀行での両替はお金の売買なのです。


外国のお金を売買するときには『為替レート』という海外の通貨と交換する際の取引価格で売買されます。

外国為替保証金取引は『為替レート』の変動によって利益を生み出す取引なのです。

100円で買った外国のお金を100円以上の価値になったら買った外国のお金を売る。実に単純明快な投資ですo(^o^)o


そして外国為替保証金取引は為替差益の他に金利を得ることができるのです。

通貨の売買には『スワップポイント』という金利が発生します。

例えば、ユーロ買いの場合、円を売ってユーロを買うことになりますので、円を借りて、その円でユーロを買い、そのユーロを貸す、という形になります。そのため、円の金利を支払い、ユーロの金利を受け取ります。

現在は円の金利よりもユーロの金利の方が高いため、円とユーロの金利差を受け取ることができるのです。 この金利差を「スワップポイント」と呼びます。

もちろん逆に、日本円より金利の高い通貨を売ると、日々スワップポイントを支払うことになりますので注意が必要です。



預けた金額の数倍の取引が可能!

外国為替保証金取引はお金を保証金として証券会社などの業者に預けるだけで実際の取引金額は預けた金額の25倍までの金額の取引が可能です。

それをレバレッジ効果といいます。

レバレッジ効果(Leverage Effect)とは、テコの原理を応用して、小さな力で大きなものを動かすことを言います。
「てこの原理」のように、小さな力(小額)で大きなモノ(大きな取引金額)を動かすことから、この名が付きました。


当然取引金額は増えると、その分リスクも大きくなります。ハイリスク、ハイリターンですが、それは投資の世界では当然のことです。

そしてテクニックしだいでは、ローリスク、ハイリターンも可能です。
それも投資の世界では常識ですよね!?(^_-)-☆